毎日使う洗面台は水のトラブルが起こりやすい

床に水が溜まる場合は早めに対処しよう 床に水が溜まる場合は早めに対処しよう

洗面台で発生する水のトラブルに注意

洗面台

洗顔や身支度を整えるために、洗面台は毎日使用されています。使用頻度が高く、その分劣化や破損による水のトラブルも起こりやすくなっています。もしも詰まりや水漏れが起こった場合は、早急に対応しましょう。

洗面台の下から水漏れが発生!最初にすべき事は?

予備品や掃除道具を洗面台下に収納しているなら、まずそれらを移動させてから水漏れ部分の確認を行ないましょう。スペースに余裕が生まれると、その分作業がしやすくなるので重要な工程です。

洗面台の水漏れを調べる際の手順

蛇口を開けて水を流す

まずは洗面台の蛇口を開けて、水漏れを起こしている部分を確認します。腐食や亀裂があれば、そこから水が染み出ているはずです。わずかな破損の場合は、見過ごしてしまわないようによく観察しましょう。

蛇口のホースをチェックする

シャワーホース、それとその繋ぎ目は水漏れが起こりやすい部分です。この部分で水漏れが起こっていれば、漏れ出す水量は多いので、目視で確認できます。床に水が溜まるようなら、ホースの交換が必要になるでしょう。

給水管に水漏れが発生していないか調べる

給水管と止水栓を繋ぐナットが緩めば、その部分からも水漏れが起こります。緩みが原因であれば、ナットを閉めるだけで水漏れは解消されます。しかし、内部にあるゴムパッキンの劣化であれば、交換を行なう必要があります。

洗面台で起こる水のトラブルは、このような手順に従って確認することができます。修理や交換作業には道具が必要になるので、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーなど揃えておくと便利です。また、ナットの開閉には強い力が必要になるので、できるだけ男性に作業を依頼しましょう。しかし状況によっては男性でも開閉できないケースもあります。そんなときは専門業者に相談してみるといいかもしれません。

洗面台の水漏れはパーツの経年劣化が原因

洗面台で起こる水のトラブルは、設置に使用されているパーツが原因で起こることもあります。破損や腐食などが起こりやすい部分と、その原因について解説していきたいと思います。

洗面台から水漏れが発生する原因

蛇口からの水漏れは大抵パッキンの劣化が原因
蛇口から水漏れが起きているなら、パーツの交換だけで水のトラブルが改善されます。水の切れが悪い場合、水道管と蛇口の接続部分をチェックして、中にあるゴムパッキンが劣化しているようなら交換を行ないます。
水受けのタンクから水漏れが発生することもある
シャワー付きの洗面台では、ホース内に残った水が原因で水漏れに似た現象が起こります。シャワーを格納する際、水が下に落ちるとシンクで水漏れを起こしているように見えます。しかし、シャワーの使用方法を改め、水抜きを行なえば状況が改善されます。

家庭で起こる水のトラブルは、早急に対応することで被害を抑えることができます。特に、洗面台のまわりは掃除や収納を工夫して、こまめに点検できるように環境を整えておきましょう。

TOPボタン