洗面台の使い方・掃除を見直す~水のトラブルを防止せよ~

床に水が溜まる場合は早めに対処しよう 床に水が溜まる場合は早めに対処しよう

洗面台を長持ちさせる予防対策

男性

日頃の対策次第で、水のトラブルを最小限に抑えることは可能です。そこで、誰でも行なえる水漏れ対策をいくつかご紹介します。対策を実行していれば、清潔さはもちろん様々なトラブルの抑制に繋がります。

水漏れ業者が教える水漏れ予防対策

排水管が詰まるのを防ぐにはどうすれば良いですか?
髪の毛、化粧品やスプレー缶のキャップ、このような物が排水管へ流れてしまわないように、ネットを張り定期的に掃除を行ないましょう。また、洗面台を使用した後はお湯やぬるま湯を流すと、皮脂や洗剤の付着予防に効果的です。
他に必要な対策はありますか?
専用洗剤、または重曹を使い排水管を掃除することが大事です。重曹を使用する場合、たっぷりと排水管の口にまき、酢やクエン酸を少量ふりかけます。泡立ち始めたら、30分ほど置き洗い流しましょう。
設備のメンテナンスも行なう必要がありますか?
水を使用しない時は、元栓を閉めて水の流れを止めておきましょう。これだけで配管にかかる負荷を軽減することができます。止水栓があってもキッチンや浴室、トイレなど各箇所で水が通っていれば、水の圧力や振動も大きくなります。まずは、元栓を閉めて配管にかかる負荷を軽減させましょう。

洗面台が詰まるのは異物や石鹸カスが主な原因

洗顔の際、石鹸は皮脂と反応して固形化します。それが蓄積されると、徐々に配管を詰まらせてしまうのです。そこへ髪の毛やヒゲが絡みつくと、イヤな臭いまで発生してしまいます。ネットや専用洗剤を使い、清潔さを保ちましょう。

日頃、しっかりとメンテナンスを行なえば、大きな水漏れを起こすことなく被害を最小限に抑えることができます。また、自分では対応できない水のトラブルは、専門業者に依頼して対応してもらいましょう。

TOPボタン