洗面台で起きた小規模な水のトラブルは自分で修理可能!

床に水が溜まる場合は早めに対処しよう 床に水が溜まる場合は早めに対処しよう

簡単に実施できる洗面台の水漏れ修理方法

水道

水のトラブルは小規模であれば、個人で修理して改善を試みることもできます。そこで、いくつかの水漏れ修理の方法をご紹介するので、いざと言う時のために覚えておきましょう。

止水栓から発生した水漏れの修理方法

止水栓を閉める

止水栓が原因で起こる水のトラブルは、ナットの中にあるゴムパッキンの交換が必要です。作業を行なうにあたり、まずは止水栓をしっかりと閉めましょう。この工程を忘れてしまうと、作業中に水が噴射してしまいます。

お湯と水のナットを外す

止水栓が閉まったのを確認した後は、モンキーレンチでナットを反時計回りに緩めてください。お湯と水の両方のナットを緩めて、内部のゴムパッキンをチェックしていきます。先の細い道具を使い、パッキンを取り外しましょう。

ナットの中に入っているパッキンを新品へと取り換える

劣化したパッキンを取り除き、新しいパッキンを取り付けたら、ナットを時計回りに回して止水栓を開きます。そこで水漏れが無ければ、修理は成功となり水のトラブルは解消です。

シャワーヘッドから水漏れはどう対処する?

シャワーヘッドから水漏れが起こっている場合、止水栓と同じように中部にあるゴムパッキンが劣化していることに原因があります。交換を行なえば水のトラブルは改善されますが、パッキンのサイズを探すのに手間がかかるため、シャワーヘッドごと交換することをおすすめします。 止水栓やシャワーヘッドの内部には、ゴムパッキンがありそれが原因で水漏れが起こります。劣化が原因なら交換作業で水のトラブルは改善されますが、それでも現状の回復に至らない場合は専門業者に相談しましょう。

TOPボタン